WORKS

maitre

MAITRE

CATEGORY:
ヘアーサロン
hair salon

CONCEPT:
maitreは広島市中区本通のアーケード内の二階に店舗を構る女性専用ヘアーサロン。

常に人が絶えないガヤガヤした周辺環境の中でサロンのブランディングをどのように確立させていくべきかを一番に考えた。


エントランスはアーケード内という半屋外の外部環境を利用し、工事現場で使われるターポリンという布を外装材に用いている。入れ替わりの激しいアーケード内の店舗、常にどこかが改装工事中だったりする。それを逆手にとって工事中の仮囲いと完成されたファサードの中間のような柔らかい店構えを考えることで店舗のファサードの時間軸を曖昧にしている。

布をくぐって階段を上がると広がるのはモルタル、垂木とステンレスで組まれた無機質な空間。
これらのマテリアルは工事現場で使われるような無骨な材質だが女性専用サロンの中であえて男性的なマテリアルも取り込み曖昧でジェンダーレスな空間に作り込んでいる。

カット面から向かって左側の壁は既存ボードを解体することで偶然現れた荒いコンクリートの躯体をそのまま残し、再び既存壁の木下地を組み直し、その面にミラーやカウンターを取り付けた。コンクリート、ステンレス、ミラー、透明アクリなど反射率や透過率の異なる様々な素材に自分の姿が投影されるという不思議な感覚を得れる壁面に仕上がった。

ミラーフレームはサロンにおいては鏡に映る世界と現実世界の間になる境界線である。その線をなくすのではなく、透明アクリルボックスで組み、枠の構造自体をスケルトン化させることで境界は線ではなく透明な空洞に生まれ変わる。その中で虚と実の二つの視界が溶け合う事ができないか試みている。

アーケードの騒がしい空間とプライベートなサロン空間、その間に生まれるギャップをこのように視点や感覚を今までの常識から少しずつ外れ、ずらし、小さなぼかしをたくさん形成する事で日常との境界を少しずつ曖昧にし、非日常的な空間へと生まれ変わらせる事で、女性のもつ言葉では表現しきれない美しさをより引き出す事ができるのではないかだろうか。

喧騒的な都市の現実から少し浮遊させた特別なひと時をこの空間で過ごしてもらえたらと思う。


DIRECTION:
榎本太一


GRAPHIC:
大井健太郎 (LISTEN)

PHOTO:
足袋井竜也

完成日:
2019.OCT

〒730-0035
広島県広島市中区本通7-27-2F
OPEN
10:00 〜 20:00
CLOSE
Monday Tuesday(1st,3rd)
TEL
082-246-7616

URL:
https://www.instagram.com/maitre__hair/

  • pic
  • pic
  • pic
  • pic
  • pic
  • pic
  • pic
  • pic
  • pic
  • pic
  • pic
  • pic
  • pic
  • pic

CATEGORY:
ヘアーサロン
hair salon

CONCEPT:
maitreは広島市中区本通のアーケード内の二階に店舗を構る女性専用ヘアーサロン。

常に人が絶えないガヤガヤした周辺環境の中でサロンのブランディングをどのように確立させていくべきかを一番に考えた。


エントランスはアーケード内という半屋外の外部環境を利用し、工事現場で使われるターポリンという布を外装材に用いている。入れ替わりの激しいアーケード内の店舗、常にどこかが改装工事中だったりする。それを逆手にとって工事中の仮囲いと完成されたファサードの中間のような柔らかい店構えを考えることで店舗のファサードの時間軸を曖昧にしている。

布をくぐって階段を上がると広がるのはモルタル、垂木とステンレスで組まれた無機質な空間。
これらのマテリアルは工事現場で使われるような無骨な材質だが女性専用サロンの中であえて男性的なマテリアルも取り込み曖昧でジェンダーレスな空間に作り込んでいる。

カット面から向かって左側の壁は既存ボードを解体することで偶然現れた荒いコンクリートの躯体をそのまま残し、再び既存壁の木下地を組み直し、その面にミラーやカウンターを取り付けた。コンクリート、ステンレス、ミラー、透明アクリなど反射率や透過率の異なる様々な素材に自分の姿が投影されるという不思議な感覚を得れる壁面に仕上がった。

ミラーフレームはサロンにおいては鏡に映る世界と現実世界の間になる境界線である。その線をなくすのではなく、透明アクリルボックスで組み、枠の構造自体をスケルトン化させることで境界は線ではなく透明な空洞に生まれ変わる。その中で虚と実の二つの視界が溶け合う事ができないか試みている。

アーケードの騒がしい空間とプライベートなサロン空間、その間に生まれるギャップをこのように視点や感覚を今までの常識から少しずつ外れ、ずらし、小さなぼかしをたくさん形成する事で日常との境界を少しずつ曖昧にし、非日常的な空間へと生まれ変わらせる事で、女性のもつ言葉では表現しきれない美しさをより引き出す事ができるのではないかだろうか。

喧騒的な都市の現実から少し浮遊させた特別なひと時をこの空間で過ごしてもらえたらと思う。


DIRECTION:
榎本太一


GRAPHIC:
大井健太郎 (LISTEN)

PHOTO:
足袋井竜也

完成日:
2019.OCT

〒730-0035
広島県広島市中区本通7-27-2F
OPEN
10:00 〜 20:00
CLOSE
Monday Tuesday(1st,3rd)
TEL
082-246-7616

URL:
https://www.instagram.com/maitre__hair/