WORKS

siki

siki

CATEGORY: SHOP

CONCEPT:
サロンの名前はSiki=四季

ー移り変わる季節のように変化することを楽しんで欲しいー

その言葉に倣って1日の中で太陽が昇って沈むように

店舗空間の中心にミラーを軸を差し込む事で自立させ配置した。

ミラーを回転させることにより空間は365日少しずつ変容する。

日々変化が少しづつ生まれる事で1日の連続である日常を楽しむ空間であって欲しいと考えた。



最初に空間の中央部分にステンレスの丸パイプで一本の軸を天井から床まで通すことで空間づくりの起点とした。

軸の端部に両面に鏡を貼った大きなモノリスのようなミラーを突き刺し自立させて偏心で回転させる事で、壁面を柔らかく仕切っている。

片面はカットブースとしてもう一つの面はシャンプーブースとの仕切りとして表裏異なる機能を持たせて壁面を回転させることによって、

外部環境因子とも相まり空間は様々な形状へと変容していく。


中心の回転ミラーの存在感をより強調させるために空間は躯体であるコンクリートのスケルトンを現しにすることで空間をよりシンプルに研ぎ澄ました。

躯体壁面部分に付随させて空間を時計回りに周回するようにエントランスから 窓台部分を含んだ長い待合ベンチ、お客様にドリンクを提供するカフェカウンターへと続き

奥部分にシャンプーブースやトイレなどのインフラ部分をまとめている。

少し歪な平面形状の中、両開きの既存入り口サッシ撤去し、半屋外空間をエントランス部分に作り、奥の壁面にはアクセントで人研ぎとコンクリートでツートーンとし

その境界線の延長ラインでレセプションカウンターを同じボリューム・同素材で仕上げる事で、狭い空間に水平方向の広がりを与えることが可能となった。

このようにカットミラーを中心にインフラや機能が躯体を沿いをぐるりと線を紡ぐように配置し、天体でいう衛星のような配置となり、中心であるミラーを回転させれば

それぞれの機能やインフラと近づき←→離れる事となり、極小空間に宇宙空間のような無限の広がりを表現している。

自転や公転などのいわゆるー回転するーことによって日々の環境が少しずつ変化する事はまるで我々が住んでいる地球のようであり

この空間においてはミラーが少しずつ回る事で何気ない景色の変化が生まれる日々の豊かさを楽しんでもらえたらと思う。



LOGO:
大井健太郎(Listen)

GREEN:
大塩健三郎(GREEN UNION)

CUT CHAIR SELECTION:
榎本太一(E.)

PHOTO:
足袋井竜也

完成日:
2021. APR

siki
〒732-0811
広島県広島市南区段原3-17-5 AIビル1F
OPEN
10:00~20:00 
CLOSE
Monday Sunday(3rd)
TEL 082-521-2918

URL:
https://www.instagram.com/siki_d_ymd/

MEDIA:
archdaily
architecturephoto

  • pic
  • pic
  • pic
  • pic
  • pic
  • pic
  • pic
  • pic
  • pic
  • pic
  • pic
  • pic
  • pic
  • pic
  • pic
  • pic
  • pic
  • pic
  • pic

CATEGORY: SHOP

CONCEPT:
サロンの名前はSiki=四季

ー移り変わる季節のように変化することを楽しんで欲しいー

その言葉に倣って1日の中で太陽が昇って沈むように

店舗空間の中心にミラーを軸を差し込む事で自立させ配置した。

ミラーを回転させることにより空間は365日少しずつ変容する。

日々変化が少しづつ生まれる事で1日の連続である日常を楽しむ空間であって欲しいと考えた。



最初に空間の中央部分にステンレスの丸パイプで一本の軸を天井から床まで通すことで空間づくりの起点とした。

軸の端部に両面に鏡を貼った大きなモノリスのようなミラーを突き刺し自立させて偏心で回転させる事で、壁面を柔らかく仕切っている。

片面はカットブースとしてもう一つの面はシャンプーブースとの仕切りとして表裏異なる機能を持たせて壁面を回転させることによって、

外部環境因子とも相まり空間は様々な形状へと変容していく。


中心の回転ミラーの存在感をより強調させるために空間は躯体であるコンクリートのスケルトンを現しにすることで空間をよりシンプルに研ぎ澄ました。

躯体壁面部分に付随させて空間を時計回りに周回するようにエントランスから 窓台部分を含んだ長い待合ベンチ、お客様にドリンクを提供するカフェカウンターへと続き

奥部分にシャンプーブースやトイレなどのインフラ部分をまとめている。

少し歪な平面形状の中、両開きの既存入り口サッシ撤去し、半屋外空間をエントランス部分に作り、奥の壁面にはアクセントで人研ぎとコンクリートでツートーンとし

その境界線の延長ラインでレセプションカウンターを同じボリューム・同素材で仕上げる事で、狭い空間に水平方向の広がりを与えることが可能となった。

このようにカットミラーを中心にインフラや機能が躯体を沿いをぐるりと線を紡ぐように配置し、天体でいう衛星のような配置となり、中心であるミラーを回転させれば

それぞれの機能やインフラと近づき←→離れる事となり、極小空間に宇宙空間のような無限の広がりを表現している。

自転や公転などのいわゆるー回転するーことによって日々の環境が少しずつ変化する事はまるで我々が住んでいる地球のようであり

この空間においてはミラーが少しずつ回る事で何気ない景色の変化が生まれる日々の豊かさを楽しんでもらえたらと思う。



LOGO:
大井健太郎(Listen)

GREEN:
大塩健三郎(GREEN UNION)

CUT CHAIR SELECTION:
榎本太一(E.)

PHOTO:
足袋井竜也

完成日:
2021. APR

siki
〒732-0811
広島県広島市南区段原3-17-5 AIビル1F
OPEN
10:00~20:00 
CLOSE
Monday Sunday(3rd)
TEL 082-521-2918

URL:
https://www.instagram.com/siki_d_ymd/

MEDIA:
archdaily
architecturephoto